東日本大震災への対応

0
    同じタイトルでエントリーしているけど、3月13日ぐらいの話です。

    東京電力のから計画停電の発表。当初は、輪番停電と言っていたはず。

    13日のお昼頃にはまだ情報がなく、どこだかの市町村がFAXで受けた計画表を写真に撮ってアップしていたファイルを元にデータを拾い始めた。もちろん、手打ち。

    13日の夜、東京電力のサイトにPDFがアップされた。フォーマットが汚くて閉口しつつも、手打ちよりは断然マシ。フォーマットのズレにより、一気に取り込む事はできず。話せば長くなるので割愛するが、簡単に言えば細かいコピペを何十回もする事に。

    残念ながら公開するサーバが無いので、FileMaker、Excel、TAB区切りのテキストを用意した。それなりに使えると言って頂けたので良しとしました。

    一日数回アップデートされる東京電力のPDFデータ。毎回フォーマットが違っている上にデータに明らかな間違いが存在します。そこを修正しつつデータアップ。もう、半分意地になってましたね。いかにマトモなデータを作るかってコトにかけてます。

    東京電力に勤務する友人から、計画停電に関する情報をいくつかもらった。別に隠す様な内容ではないが、あえて書かない。今週の週末にもその内容は明らかにされる。そのまま、とっとと公表すれば良いのに〜というレベルの内容。中の人は頑張ってるんだと思うと、多少のデータの不備は許したくもなろう。

    14日頃からは新居雅行氏グループの計画停電時間帯検索サイトでも僕のデータを使っていただく様に。少しでもできる事をしたいという思いでにますますやる気が湧いてきます。

    17日になるとPDFだけではなくExcelフォーマットがアップされるよ様に。最初からコレが欲しかったんだよ!!

    でも、データの不整合は相変わらず。。。どんないい加減な仕事なんだ。。。orz

    例えば、「鎌ヶ谷」と「鎌ケ谷」。鎌ケ谷市のサイトを見ると公式に「鎌ケ谷」となっている。どちらでも良さそうなモノだが、PC上では待ったく別物。その表記がバラバラなのだ。なので、僕のデータでは全て「ヶ」に統一した。

    そして、「神奈川県上野原市」の様な誤った記述。当初から誤りは存在していたのだが、23日発表のデータにもまだ残っている。困ったものだー。

    ちなみに神奈川県上野原市でググってみると情けない結果が表示される。東京電力がらみの誤ったデータの羅列だ。あーあ。

    多分、続く。


    JUGEMテーマ:天変地異、災害


    東日本大震災が起きたその時(2)

    0
      二つ前の「地震が発生した3月11日。あなたは何をしていましたか?」ってなエントリーの続き。

      水槽からこぼれた水を拭き、倒れたラックの片付けは・・・する気も起きず。なぜなら、余震がゆっさゆっさ来ているのだ。倒れたモノはそのままにしておいた方が良い。

      そうだ、テレビだ。NHKだ。と、テレビのスイッチを入れようとしてビビった。テレビはルミナスラックのかなり高い位置にあったのだ。あと数cmずれたら落ちそうな感じで耐えていてくれた。さすがは初期型プロフィールw

      慌てて高い位置にある重そうなモノを全て床に降ろしてスイッチオン。大津波警報が出ていると知る。twitterのTLからの情報を追いかけつつ、そしてしばらくしてテレビに釘付けとなった。津波が東北を襲っている映像が流れてきたのだ。

      この辺りからの事は、良くも悪くも興奮状態で、実際のところ既に良く覚えていないのだ。twitterで高いところに避難しろ、海には近付くなとつぶやいてみたところで、自分の声が誰に届く訳ではない。だが、この異常な光景を目の当たりにして、そんな事しかできない自分がもどかしかった。

      そして、自分には大きな気がかりがあった。翌日の12日はプチAUGM東京の開催日だったのだ。夕方の時点で、ML上や直メール、電話、twitterのDMで何人かのスタッフとやり取りをした。そして、JRを始めとする鉄道の混乱が翌日に収束するとは考えられない。

      テレビでは気仙沼や千葉のコスモ石油のタンクの火災を報じている。気仙沼の炎の中にAUGMのスタッフの弟さんがいる事を知る。電話が輻輳し、回線はパンク状態。会場との連絡が取れず、中止の連絡もできない中、19時48分のメールで中止を決定した。

      仮にも、僕はAUGM東京の代表である。苦渋の決断と言えば苦渋の決断。幸いにも多くの信頼できるスタッフに囲まれていた。スタッフの一人が会場に連絡を付けてくれて、キャンセルを伝える事ができた。事情が事情だと言う事でキャンセル料はナシ。申し訳ない気分でいっぱい。また、同じ場所でやれればいいと思う。

      夕刻、仕事を終えた妻が子供と共に帰宅した。仕事先の話、小学校の話を聞いた。どこも大混乱だったのは言うまでもない。

      揺れは治まる事もなく、なかなか寝付けない。停電に備え、ランタン、懐中電灯等を用意。すぐに飛び出せる様、靴を寝室の外に置いたりもした。まあ、あまり意味はないとは思うがせめてもの抵抗のつもり。

      幸い、Xmのガソリンは満タンだ。道路が使えればの話ではあるが、いざとなったら名古屋まで走る事は余裕だ。備えあれば憂いなし。

      そして、福島原発の様子も気になる。NHKの報道とTLがお友達と言う状況。家の電話もauケータイもiPhoneも繋がらない。そして、Viberを知ったのである。

      何度も来る揺れの中、明け方には眠りに着いたようである。ちなみに気象協会のサイトによると、3月11日の有感地震は101回。通常は2回〜5回ぐらい。いかに地震の多い日だったかがわかる。

      ちなみに3月12日の有感地震は152回。ものすごい数字だ。

      この辺りからは通常の生活に戻ろうと努力をするが、それは虚しい努力。イベント仕事案件が尽くキャンセルされて行く。3月と4月で5件のイベント仕事が無くなった。60万円ほどの収入減。うう。。。

      多分、続く。


      JUGEMテーマ:天変地異、災害



      東日本大震災が起きたその時

      0
        地震が発生した3月11日。あなたは何をしていましたか?

        その日は朝から大忙し。電話で打ち合わせをしてお昼に荷物を受け取り、大慌てで伝票を起こし梱包。集荷を待つ時間も惜しく、自らクロネコの待つヤマトの営業所に持ち込んだ。

        打ち合わせがあり、車で都内に行く予定だったのだ。約束の時刻は15時半。特に急を要する打ち合わせではないが、急がないと間に合わない。そんな状況。前日から大忙しでほとんど寝ていないと言う事もあった。何か出掛けてはいけない、そんな気分がしてアポイントをキャンセルする電話を入れた。サボりたかったんだろうと言われればその通り。指の怪我もほとんど治ったので、午後はゴルフの練習をして英気を養う事にした。

        車にゴルフバッグを積み、車に給油をした足で松屋で牛丼を注文。iPhoneでツイッターのTLを見ながら牛丼の到着を待った。恐らく、auのケータイではmixiもチェックしていたと思う。そうこうしているうちに牛丼が出てきた。汁ダクである。牛丼を二口三口と箸を進めていた時、地震が来た。

        カウンター式の店舗なので、目線を上げればそこにはお客さんがいる。大きい、長い、そう思って顔を上げると、同じ様な動作をする他のお客さん達。僕を含めて7〜8名だったと思う。顔を見合わせ、ヤバいですよね。かない大きいんじゃないですか?そんな会話をしつつ、TLを見ているオイラ。宮城沖らしいという情報を店内に共有させた頃、店員さんから店舗の外に出る様に指示が出た。

        駐車場で地震が治まるのを待つ。電信柱が大きく揺れ、電線が異音を立てている。駐輪場の自転車はなぎ倒され、通りを走っている車も全部止まった。人生で経験した地震の中で一番大きな揺れだったのは疑う余地もなかった。どこかの街が壊滅しているかもしれない。何事もなければ良いのだが。

        そんな事を思いつつ店内に戻ると、カウンターのみそ汁は全部こぼれていた。見ず知らずの人と二言三言を話し、牛丼を平らげて店を出た。ちなみに、みそ汁は半分ほど飲んでいたが、店員さんは新しくもう一杯よそってくれた。

        ゴルフの練習に行くはずだったが、そんな事はもうどうでもよくなった。急いで家に帰る。エレベーターは止まっている。階段を駆け上がり家の中に。とそこに余震が来た。そして何度も余震が来た事は記憶に新しいはずだ。

        地震01我が家の家具は、基本的に地震対策を施している。いわゆる、天井突っ張りポール。元々がルミナスラックベースの家具ばかりなので、純正の突っ張りポールなのだ。家が崩れない限り、倒れる事はないと思われる。だが、しかし。対策をしていなかったCDラックが倒れ、仕事部屋はとんでもない惨状になっていた。Mac用のラックも倒れていた。こちらは大事無かったが。。。


        地震02上下二分割になるCDラックの上半分が倒壊。折しもこの場所に移動したばかりで、上下のジョイント金具を取り付けていなかったのだ。写真では分かり辛いが、上部にあったCD類のほとんどは真下に落下し、一部のモノは倒壊と同時に部屋中にぶちまけられたのであった。そして、一番手前まで飛んできたのは・・・我がモールドラインのメインボーカルの大西結花ちゃんのCDだったのは何の因果だろう。


        もう一つの被害は熱帯魚の水槽。周期の大きい揺れだったため、水槽の水は半分まで減っていて、あたりは水浸しになっていた。無論、東北の方々が受けた被害に比べるべくもなく、他には植木鉢が一つ落ちただけだ。

        いかに揺れが大きく長周期だったかを物語る事象が一つ。倉庫として使っている部屋には1200×460のルミナスラックを4竿まとめた巨大ラックがある。荷物も満載のため、大の大人が8人でも移動できなかった代物である。それが、15cmほど動いた。残念ながら、これを元に戻す術はない。。。

        この時、この地震がこんな大きな被害をもたらすものだとは全く考えておらず、片付けないと、週明けの機材積み込みに影響が出るなあと呑気に構えてたのだ。

        多分、続く。


        >>mixiから来た方はコチラへ

        JUGEMテーマ:天変地異、災害

        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        オススメ商品




















        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM