<< 【衝撃】俺らが学校で習った「士農工商」は存在しなかった!今は教科書からも削除 という笑える話 | main | おもいでばこがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! -プロローグ- >>

縄文時代と弥生時代のネーミングセンス

0
    先ほど、「士農工商と四民平等」に関して書いたのですが、歴史を学ぶ前に、その前提と言うか前置きというか、そう言う事をちゃんとしておいた方が良いと思うのですよね。そんな内容です。

    歴史が事実とは限らない①

    そもそも、歴史と言うものは、様々な文献を参考にしながら、こう考えたら辻褄が合うな〜という事の集大成です。当時の歴史書や公文書など、歴史的事実としてほぼ間違いない事柄を中心にしながら、『大鏡』『今鏡』『 水鏡』などの歴史的物語の内容や、伝承・言い伝えなどを総合的に読み解いて体系化したものです。

    つまり、想像の範囲が非常に大きいのです。それを理解した上で歴史を学ばないと面白くもなんともありません。それを教えなかったとしたら、社会科の教師として失格だと思っています。

    例えば、みなさんが習った時代区分の名前。縄文時代、弥生時代。なぜ、その様な名前が付いたのかを御存知ですか?

    縄文時代。当時使われていた土器には縄目の文様が描かれていた。なので、その土器を縄文土器と呼び、その土器が使われていた時代が縄文時代。

    弥生時代。当時使われていた土器は、縄文土器とは違い、薄手でしっかりと焼き上げられた実用的な土器。この土器が発見されたのが東京都文京区弥生町。この発見された場所の名前を取って弥生土器と呼び、この土器が使われていた時代を弥生時代。

    万が一、この土器が南大沢で発見されていたら「南大沢土器」「南大沢時代」なんて言う呼び名になっていたかもしれないわけですよww

    それと、当たり前ですけど、縄文時代と弥生時代の移り変わりなんて、長い年月をかけて文化(稲作とか青銅器とか)が伝播していくのに合わせて移り変わっていったのであって、「はい、今日から縄文時代!」なんて話ではありません。考えてみれば当たり前の話ですが、小学校でテキトーな教師に歴史を習った子供は、そんなもんだと思ってるんですよw

    ちなみに、考古学に関しても、地質学や天文学など、様々な分野の科学を始め、伝承などを含めて研究する学問ですよね。そして、考古学と歴史学は、密接に関わり合っているわけですし。

    地震というものの検証に、考古学と歴史学が非常に大きな役割を果たしている事も付け加えておきたいと思います。

    続くかも(笑)

    http://blog.esuteru.com/archives/8571547.html

    JUGEMテーマ:歴史



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    オススメ商品












    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM