<< 月島でもんじゃ焼き | main | 首都大学東京・七夕祭 >>

プリンターへの依存度

0
    無ければ無いで済んでいたのかもしれない。パソコンなんて知らなければ使ってないかもしれない。FAXの便利さを知らなかったらそんなモノ使ってないかも。プリンータなんて、無ければ無いで過ごしていたのかも知れない。

    ImageWriter II初めて手にしたプリンターは、Apple ImageWriter IIというドットインパクトプリンター。カラーリボンも有って、ちょっと工夫すれば、写真の印刷もそれなりにできましたね。まだカラーレーザープリンタなんて100万円出しても変えない時代。インクジェットプリンタなんて、インクが滲んでかなり残念な結果が多かった時代。カラーで印刷できるだけでも素晴らしかった90年代の初頭の話です。実はこのImageWriter IIですが、OS 9マシンを動かしていた頃は、ドットインパクトプリンタとして、佐川やヤマトの発送伝票の印刷に使っていました。


    さて、時代は飛んで昨日の話。いつもの様にAmazonに出荷するための必要書類をPDF化し、講演で使うための写真データを用意し、レジュメを作成してPDF化した。

    DocuPrint C3050我が家のプリンターはDocuPrint C3050というカラーレーザープリンター。さてと印刷〜。と思ったら、2枚程印刷したところで止まってしまった。液晶に「」エラーコードが表示されている。エラーコードをWebで調べると、「ドラムカートリッジが正しい位置にセットされていません。ドラムカートリッジを一度取り外 し、電源を切 / 入してから再度取り付けてください。」という内容らしい。


    トナーと言えば、交換時期と言われても、取り外して振ってみれば何とかなるもんである(マテ)。

    ドラムカートリッジなので、振ったところで基本的には意味はない(と思う)けど、とりあえず振ってしまうのが人情と言うものでしょ?

    結果は、ダメ。何度やってもダメ。まったく意味がない。人生、諦めが感じです。

    インクトナーの予備は有るけど、ドラムなんて持ってるわけないじゃん。今週の業務が終了してしまう危機。何の迷いもなく、Amazonで注文。翌日には届くらしい。

    今週の業務は良いとして、本日の業務は終了w

    とりあえず、そんなネタをtwitterでつぶやく。

    そしたら、からメンションが飛んできた。振った?当然振った。接点は?まだだ。。。

    一応ね、ドラムを外した時にはプリンタの中を掃除したよ。接点も磨いたよ。でも、効果なかったよ。

    でもね、ドラムの接点は、取りあえず綺麗に見えたからそのままだったんだよ。

    よ〜〜〜く見てみると、、、綺麗に見えたのは接点の半分程。普通にアルミっぽく光ってた。で、残りの半分は、、、トナーがビッチリ付いて真っ黒だったwww

    ココを磨いてセットしてみる。電源を切って入れ直し。

    治った〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

    速攻でAmazonをキャンセル。3万円近い出費が抑えられました。持つべき物は友。持つべき物はMac。

    JUGEMテーマ:OA機器

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    オススメ商品




















    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM