<< 東京電力による計画停電の予定表0330_1930アップデート(03月31日〜04月04日) | main | CRIIRADの福島第一原発の事故に対する声明文 >>

原発に関してチラ見でもいいから見て欲しいサイト

0
    気象庁でも拡散シミュレーションをしていたのにも関わらず、政府の判断で発表されていなかったそうだ。怒りより驚きだ。戦時中かと思える言論統制に近付いている気がしてならない。

    まずは、各国の気象庁によるシミュレーション。他国のモノもあったら教えて下さい。

    ドイツ気象庁による放射能汚染物質拡散シミュレーション

    最新版はコチラでチェックして下さい。

    もしくは、Googleにて「Katastrophe in Japan」で検索

    ノルウェイ気象台による放射能汚染物質拡散シミュレーション

    放射能に関するサイト

    ベクレル、シーベルト、キュリー等々、難しい単位がいっぱいあってわからん〜という方向け。

    ナチュラル研究所によるガイガーカウンタモニタリング

    放射能レベルを分かり易く視覚的表したサイト

    全国の放射能濃度一覧表

    神奈川県による環境放射能モニタリングサイト

    関西原子力懇談会によるサイト

    そして、原発事故そのものではなく、日に日に言論統制が強くなっているのではないか?と思われる事が怖い。このエントリーの文頭にも書いたが、気象庁が行なっていたシミュレーションを政府は公開していない。枝野官房長官の発言として、読売新聞は「少なくとも隠す必要のない情報。誤解を生まない説明を付けて、公表すべきだった」と伝えている。一部のみしか確認していないので、読売新聞をどこまで信用するかという問題はあるが、この様な事象は今回の件に於いて沢山あったと思われる。

    政府は、「パニックを恐れて」という隠蓑の裏側に、「原発利権の確保」という思惑があるのではないかと疑いたくなる。今は原発に関する全てのデータを公表すべきだ。危機管理能力に欠ける東京電力と民主党政権だけでは対処できない。官僚機構である原子力・安全保安院も同列だ。お抱え有識者ではなく、もっと広く人材を集めて頂きたく思う。

    下記に、言論統制まとめ、東京電力の嘘、原発に関する講演のリンクを記しておく。時間があったら見て欲しい。

    福島原発に関する報道規制及び言論統制状態まとめ

    日本国内に於ける発電量の考察(個人ページ)

    京都大学原子炉実験所・助教授の小出裕章氏の講演(YouTube)




    JUGEMテーマ:天変地異、災害



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    オススメ商品




















    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM