<< PCR検査数って。。。 | main | 日本学術会議問題(推薦・指名・任命・認証) >>

日本学術会議って悪の組織ですか?

0

    さて、そろそろ臨時国会が開かれる模様ですね。来週か再来週あたり?


    せっかく臨時国会をやるんなら、日本学術会議に関する法律の廃止法案を出して欲しい。そこまで急ピッチでやるとは思えないけど、アイヌ利権を作り出し、復興増税を提案し、言うに事欠いて『ゴミ袋の有料化を訴えたのも私達です』などと自慢げに語るような学術会議など、それこそただのゴミ組織ではないですか?


    こんなゴミのような組織を守りたいと大きな声で擁護している人たちには、中学校の公民の授業からやり直して欲しい。学問の自由は保障されています。好きに学問したらよろし。防衛省が募集した研究内容に関し軍事関係と烙印を押し、一切の研究をさせないようにしたのも日本学術会議。どの口が学問の自由などと言うのだ。恥も外聞もないんだな。


    そして、この問題で最も面白いと感じるのは、ガースー支持する人たちとガースーを批判する人たちの色分けがわかりやすすぎる。反対をしているのは共産党、立憲民主党、朝日新聞、毎日新聞、日経新聞、東京新聞、テレ朝、TBS、あとは左翼系活動家かな。あまりに色分けがくっきりし過ぎ。


    今後も検証が進み、汚点が次々に出てくることでしょう。この、日本学術会議に対し、2000年以降は様々な論議がありつつ、安倍政権の時には『難色を示し』、そして今回、とうとう、任命拒否。やっと当たり前のことが当たり前に行われたに過ぎないですね。とっとと日本学術会議法の廃止案を出すべき。


    こんなチンケな利権を守りたい一部の方々に煽られて、『任命拒否に関する生命』などと息巻いてアホな内容を発表すると、あとで大恥をかきますよ。法政大学の学長の声明は噴飯もので、こんな大学に子供を通わせたいなんてとても思えない。思想がどうこの前に、憲法論、法律論からしておかしい。論外。


    各種学会が連携して声明を出しているけど、これは『声明を出しました!』というアリバイ工作かな。内容的には『拒否の理由を明らかにせよ』と、一見するとまともで、『学問の自由』などと言うくだらない意見はない。だが、人事の理由を明らかにする事が正しいとも思えない。気になる人はリンクを貼っておくので御一読を。


    http://www.jpgu.org/wp-content/uploads/2020/10/seimei_scj202010091300.pdf


    権力による横暴だ!という意見に関しては、いつも思うが笑いしか起きない。その権力を選んだのは国民であり、今でも70%を超える支持を集めているのは国民が総じて政権を支持していることの表れ。それなのに、大手メディアの大半は、国民が怒っている!!政権の横暴を許すな!という論調を繰り返す。


    国民の意見とマスメディア・野党陣営の意見はとても多く乖離している。またいつもの図式なのか、と呆れ返るばかり。しかしながら任命拒否問題に関しては、アンケート結果も半々との事で、これはこれで健全な結果。多くの国民が内容を理解できていない状況下だったので、批判が多いのは理解できる。


    そして、次々に日本学術会議が行ってきた提言や活動内容が明らかにされるにつれ、この会議に対する批判の方が大きくなると思います。提言がないのは諮問がないから。政府からの諮問があって初めて提言できるという意見を言う向きもあるようだけど、であれば、そもそも必要とされていないってこと。


    現在言われているのは、アイヌ利権の創出、復興増税、レジ袋の有料化。他に良い提言はたくさんあるよね?あると言って欲しい。このあと、どのような内容が掘り起こされていくのか、とても興味深い。利権をなくせと叫ぶ人たちが、今回は利権の温床を守れ!というのも面白い。さて、今後の動きに注目。


    実際、任命権を持っているのは菅義偉総理。内閣や官邸の様子をよく知る人によると、この手の人事は通常は総理大臣ではなく、その手前の内閣官房長官あたりが仕切るらしい。とは言え、法律上は内閣総理大臣が任命権者である。詳しくは、法律の中身を見ていただきたい。


    http://www.scj.go.jp/ja/scj/kisoku/01.pdf


    まあ、河野行革担当大臣やその他の閣僚からも日本学術会議を改革するという声が上がってきているので、近いうちにグサリとメスが入るのでしょう。


    ついでに、この問題に関して法政大学の総長である田中優子さんが、学問の自由に言及しつつこの問題に対する意見を述べられています。学問の自由という自由権にまつわるとても大切な言葉を、こんなところで使ってしまって大丈夫なのですか?と半ば呆れつつ眺めております。


    https://www.hosei.ac.jp/info/article-20201005112305/?auth=9abbb458a78210eb174f4bdd385bcf54


    吹き出したコーヒーを補償していただきたいと思います。


    コメント
    コメントする









    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    オススメ商品














    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM