<< 10万円を辞退するのは愚の骨頂 | main | 東京都で220名の陽性患者? >>

クラリス・ジャパン、FileMakerの最新バージョン「FileMaker 19プラットフォーム」製品を発表

0

    クラリス・ジャパンよりFileMakerの最新バージョン「FileMaker 19プラットフォーム」として「Claris FileMaker Pro」「Claris FileMaker Go」「Claris FileMaker Server」「Claris FileMaker Cloud」を発表しました。


    『パワフルなテクノロジーをすべての人が活用できるようにする』というClaris社のビジョンを体現するスキームとして、Claris FileMaker、Claris Connect、Claris Next Genという3本を提唱しています。


    Claris FileMakerは、御存知このソルーションの核をなし、Claris Connectは様々なアプリケーションを仲介し、Claris Next Genとは、次世代つまりこれからの展開を表しています。


    FileMaker Platform


    まず最初に2020年の3月にリリースされたClaris Connectを御紹介しましょう。


    先日行われたClaris社のデモでは、Mailchimpでのメール購読新規申し込みや実際のメール配信に対し、新規購読者のデータやメール配信内容などをClaris Connectを介して、Slackに送り、チーム作業や各チャネルに投稿するというスキームを紹介していました。


    これまでも、FikeMaker Pro使用し、Apple Script経由で他のアプリケーションとのデータのやり取りをすることがありましたが、イメージとしてはこれに近い感じがしました。


    Claris Connect


    現状で、100を超えるサービスがClaris Connectに対応しており、国内ではクラウドサイン(弁護士ドットコム株式会社)やChatwork(Chatwork株式会社)などの日本のAppコネクタも5月21日よりリリースされます。もちろん、FileMakerも対応しています。様々なプロジェクトのワークフローを自動化することに大いに役立つものと思われます。


    100以上の連携



    新しい連携先


    続いて本稿のメインとなるFileMaker Pro 19を御紹介します。


    FileMakerの世界は、すべてを統合したシステムの中に最先端技術を取り込んでいき、ますますクラウドとモバイルに進んでいくのが正常進化とも言えそうです。


    FM19の概念図


    まずは、新しいアイコン。これまで長年親しまれてきたファイル・フォルダのアイコンイメージからリブランディングしています。


    コアの部分に制作環境としてのClaris FikleMaker Pro、Web環境としてのFileMaker Go、そして様々な外部アプリケーションとの橋渡しとしてのClaris Connectとなります。


    FM19の新しいアイコン


    FileMaker Pro Advancedは、FileMaket Proと名称変更され、これまでの通常版とAdvanced版が一本化されています。また、このFileMaker Pro 19からダークモードに完全対応しています。


    FileMaker Proについて(ライトバージョン)

    FileMaker Proについて(ダークバージョン)


    FileMaker 19での新機能としては、JavaScriptやJavaScriptライブラリを活用することにより、これまで以上に高度なユーザーインターフェースを実現可能となります。


    デスクトップでのカレンダー表示。まるでGoogleカレンダーのような表現。


    高度なユーザーインターフェース


    FileMaker Goでのレイアウト。グラフ表示をさせています。


    高度なユーザーインターフェース(Go)


    WebビューアでJavaScriptを実行するというスクリプトステップを使用することにより、JavaScript関数を呼び出しています。


    FileMaker DATA APIを実行するというスクリプトステップを使用して、Jason形式でデータの取得も可能となります。

    これにより、WebViewer内でJavaScriptとFileMaker Scriptの対話を実現させています。


    JaveScript


    また、AppleのCore MLを活用し、機械学習と画像識別をし、商品を撮影→検索→在庫確認という事例が紹介されていました。


    Core ML


    Siriに全面対応しているので、手がふさがっている状況でもハンズフリーでカスタムAppを利用可能です。このソルーションを利用するにはAppleのSiri ショートカットを利用します。


    Siriショートカットの利用


    Apple Core NFCを利用し、NFCタグの読み取りにも対応します。


    NFCタグ


    これらの最新技術を、iOS、iPad OS、macOSで実行可能となります。さすがはFileMaker、Apple製品との親和性が高いです。


    スマートAI、スマートApp


    FileMaker Pro 18 Advanceに換え、FileMaker Pro 19を暫定テストした感覚としては、上記のJavaScriptの実行、NFCタグの読み取り、機械学習などのスクリプトステップが加わった他には、大きな変更は見当たりませんでした。


    何よりもファイル形式(.fmp12)を踏襲しているため、これまで使用してきたカスタムAppをそのまま利用可能な点は嬉しい限りです。


    FMP19パッケージ


    Claris FileMaker Cloudに関しては、別途お伝えする予定です。


    なおこの内容は、マックお宝鑑定団blog[羅針盤]にも掲載されています。



    コメント
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    オススメ商品














    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM