<< 日本とドイツ、脱原発と脱・脱原発 | main |

FileMaker 18 レビュー

0

    ファイルメーカーが、FileMakerの最新バージョン「FileMaker 18プラットフォーム」として「FileMaker Pro 18 Advanced」「FileMaker Go 18」「FileMaker Server 18」「FileMaker Cloud for AWS 1.18」を発表しました。


    FM18プラットフォーム


    ここでは、FileMaker Pro 18について、「FileMaker Pro 18 Advanced」「FileMaker Server 18」を中心に、旧バージョンとの変更点を交えつつレビューします。まずは、FileMaker Pro 18 Advancedから。


    FileMaker Advanced 18


    FileMaker Pro 18 Advancedをインストールするには、macOS High Sierra 10.13以降、Windows 7 SP1 Professional Edition、Windows 7 SP1 Ultimate Edition以降のシステム環境を必要とします。


    FileMaker Pro 18 Advanced


    新規作成をする際には、これからFileMaker Proを利用するユーザーのためのコンテンツ管理、タスク等の実用的なStarterが6種類、イベント管理などの13種類のサンプルも用意されています。必要に応じてカスタマイズして利用することが可能です。ファイル拡張子は「.fmp12」となります。ファイル構造的には拡張子からもわかる通り、FileMaker 12の系統となっており、Ver.12〜17で作られたファイルは、いずれも開くことができます。ただし、サーバアクセスをする場合は、FileMaker Server 16以降が必要であり、それ以前のバージョンのサーバへはアクセスできません。


    Starter画面


    視覚的にも大きな違いを見せるのがレコードインポートの際のダイアログボックス。これまでのバージョンでわかりにくかった「どのデータをどのフィールドに読み込むのか」「フィールドごとの読み込みのオン・オフ」が視覚的にも非常にわかりやすいインターフェースに変更されています。


    新しいインポート画面


    ちなみに、旧バージョンのインポート時のダイアログボックスの画像がコチラ。矢印と破線の区別は、お世辞にも見やすいとは言えませんね。


    以前のインポート画面


    バージョンアップをするたびに、素晴らしい進化をし続けているスクリプト機能ですが、今回もとても良い新機能が追加されています。スクリプトの中に「エラーログ設定」オンと「エラーログ設定」オフの間に関し、スクリプトを実行した際のログファイルを書類フォルダ内に書き出します。


    エラーログ設定


    ログファイルをコンソールで見ているところです。ここでは、1行目に「1728」というエラーコードが吐き出されています。手元のエラーコード表には記載がないものですが、恐らくアクセス権に関するエラーだと思われます。


    エラーログ画面


    FMPA18の特筆すべき新機能として、「ファイルのバージョン比較」があります。ファイルをXMLで書き出すことにより、以前のバージョンとの比較をすることが可能になっています。多くのスタッフで開発を進めて行く際には、便利な機能になると思われます。


    バージョン比較


    セキュリティに関してもセキュリティダイアログボックスの刷新も図られているのですが、中でも目を引くのは「アクセス権セットの編集」の中に追加された「完全アクセス権のないアカウントを管理」という項目です。この項目により、アカウントのグループ化をすることができるため、中位アカウントにおいて、下位のアカウントの管理をすることができる様になります。これは、FileMakerでのシステムを提供しているシステムベンダーに取っては非常に心強い機能となるものと思われます。


    新しいアクセス権


    蛇足ながら、最初のバージョンから「令和」にも対応しています。Ver.17にはアップデータで対応していますが、Ver.16以前には未対応です。


    令和への対応


    FileMaker社では、原則としてダウンロード購入のみの方向ではあるものの、日本国内からの要望を受け、パッケージ販売も継続するとのことです。


    FMA18パッケージ


    FileMaker 17プラットフォームからPC用のアプリケーションとしてFileMaker Pro Advancedに集約されたのですが、利用の際の注意点としては、「環境設定」より「高度なツールを利用する」にチェックを入れないと、Advancedとしての機能を利用できません。スクリプトのデバッグ、スクリプト編集画面内での「有効・無効の設定」などなど、開発者にとって必要不可欠なツールを利用する際にはお気をつけください。


    高度なツールを利用する


    FileMaker Go 18


    FileMaker Goも同時に発表されています。FileMaker Go 18関連のトピックスとしては、iOS App SDKで作成するAppのアカウントとして、OAuth 2.0をサポートしています。


    FM18Go


    また、サポートするバーコードが拡張されています。


    FMG18バーコード対応


    FileMaker Server 18


    FileMaker Serverに関しては、起動復元機能を追加。万が一のサーバートラブル時のデータ復旧に威力を発揮。


    Zabbix オープンソースによるFileMaker Serverの監視をが可能となり、既成の設定ファイルを用いての迅速な監視体制にも対応したとのことです。お宝DB班では検証しておりません。画像は、FileMaker社よりお借りしたものです。


    FMS18 Zabbix


    細かい部分ではありますが、FileMaker Serverにおいて、スペイン語をサポートしています。


    最後に


    最後になりますが、今回のFileMaker 18 プラットフォームの発表を受けて、FileMaker 15に関しては2019年9月20日をもって直接販売およびサポートを終了するとアナウンスされています。


    JUGEMテーマ:Apple


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    オススメ商品












    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM