<< 全iPhoneユーザーへのmineoのススメ | main | iPhone 8 Plusにしたら同期ができなくなった顛末 >>

PA機材・ラックの裏側

0

    常設のラックでも、移動用で毎回のように組み替えをするラックでも、音響機材の設置に於いて、ラックの存在は欠かせません。中規模PAメインで多摩地区を中心に音響機材レンタルをやっていますけど、この写真ぐらいの12U前後のキャスター付きラックって、むちゃくちゃ重宝します。


    キャスターラック表


    今回のオーダーは、メインスピーカーにYAMAHA 215クラスを2セット+802 IIを2発ずつ、モニタ系に802を6発というオーダー。5日間で80バンドも出演する、首都大学東京(旧・東京都立大学)の世界民謡研究会の追いコンライブです。



    設営時間の短縮のために、アンプ類やエフェクターなどの補機類は予めラックに組んでおき、もちろん裏の配線もできるところまでやっておきます。


    自分が全てこなす現場であれば別ですが、レンタル先のスタッフが組み替える可能性もあるので、ケーブルにもカラーバリエーションを持たせています。


    キャノンケーブルに関しては様々な長さのケーブルを用意しているので、最適な長さのケーブルを用意できるものの、いつも不満に思っていたのが電源ケーブル。


    キャスターラック裏


    メーカー純正のケーブルは2m〜3mの長さで、しかも非常に太い。電源ケーブルたるもの、太い方が良いのですけど、ここまで太い必要はありません。上記の写真の左側に、ぐるぐる巻かれて格納していたので、邪魔だし、見た目が悪いし、ぐるぐる巻かれた電線はコイルとなり、要らぬノイズの原因にもなりかねません。


    ACケーブル


    というわけで、太すぎない短い電源ケーブルを作りました。秋葉原で馴染みの門田無線さんの通販でパーツを購入。作業時間は30分ほど。


    キャスターラック裏


    ほら、とてもスッキリしました。あと数本用意しておけば、ラックを組み替えた際にも対応できますね。できればアンプ用の太めのケーブルも、もう少し短くしたいものです。


    JUGEMテーマ:録音機材

    JUGEMテーマ:多摩ニュータウン


    コメント
    機能的で良いですね。ケーブルが長すぎると邪魔です。参考にさせてもらって自作してみます!
    • 通りすがり
    • 2018/03/25 3:54 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    オススメ商品












    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM