<< 読書感想文は決意表明文 | main | Touch Barがやってきた >>

新型MacBook Proに久々の狂喜乱舞する

0
    Appleがストリーミング中継をするSpecial Eventに関しては、ここ数年は全く見ていなかったんです。事前に多くの情報がもたらされ、発表内容も、事前にもたらされていることがほとんどだったということもあるんだけど。。。

    Keynote 2016 Oct


    これまで発表されてきたMacBook無印、MacBook Air、MacBook Proを無視し続きてきたのには訳があるのね。

    MacBook無印から始まったUSB-Cが1ポートという、Appleの一つの問題提起。スタバでドヤ顔したいだけであれば、ある意味で最強の1台という感じもするものの、もしも僕が手に入れたとしても、ほんの数時間で放り出すことは目に見えていたわけで。

    話は初代MacBook Airに遡る。話題性としては最高であったこのマシン。すでに長年メインマシンとして使っていたPowerBook G4もさすがにパワー不足を感じていて、仕事用にあてがわれていたMacBook白も物足りず、Steve Jobsのプレゼンを見てすぐにオンラインでポチっとしたものの、実際に受け取って悦に入っていたのはその当日ぐらいのもの。

    当時はまだ映像編集の仕事も多少やりつつ、FIleMaker Proでの仕事がメインという身にとって、インターフェースの脆弱さと画面の狭さは、仕事用のマシンとしては全く役に立たなかった。結果、単なるブラウザとしての役割しか見出せず、Safari専用機、iTunes専用機、FileMakerの作業用端末以外には全く使う気が起きず、結局、あっという間に息子のオモチャになってしまう運命。

    その後、仕事用に充てがわれたMacBook Pro (Mid 2010)をメインマシンにしてからは、Airの存在すら忘れていた状態。その後発売されるAirとかProとか、いずれにも食指は動かず、MacBook無印にも、上記の理由から物欲のぶの字も出ない状況だったのであります。

    って、前置きが長いw

    今回の発表に関しては、事前に全く話が聞こえてこなかった事もあり、また直前まで仕事をしていて起きていた事も手伝い、久々に見入ってしまい、発表直後にはすぐにポチってしまったのです。

    一体、何がこの保守的なオイラを焚きつけたのか。AUGM東京の代表をやりつつMacお宝鑑定団に籍を置いているにもかかわらず、最近のAppleが大嫌いなどと平気で嘯く失礼な男があっという間に購入に踏み切ったわけとは!!

    って、まだ本題ではないんかいww

    1. インターフェースの問題

    デジタルカメラで写真を沢山撮る人にとってはSDカードというのは今でもメインストリームにあるはずで、そういう方にとっては本体からSDカードがなくなるのは重大な問題。

    まず、ココを悩みました。が、オイラにとっては、ココは悩むべき事ではなかったのですね。

    MacBook I/O


    なぜなら。。。

    iPhone以外のデジタルカメラを既に1年以上使っていないという事実があり、そして、今後も所有する意思は全くないのです。

    SDカードはたくさん所有していますが、全て廃棄しても良いぐらいです。たまたまこれまで使っていたMBPに付いていたので、データ受け渡しに便利かな〜ぐらいのもので、実際には使用している互いのマシンの間でファイル共有しているので、SDカード自体、滅多に使っていません。

    なんだ。なくてもいいじゃん。

    デジタルビデオカメラで映像を取る人にとっては、Fire-WireあるいはThunderBoltは重要なインターフェースなのだけど、TB3が上位互換なので、アダプタ1個で済む話ではある。

    外部ストレージに関しては、USB3およびTB対応のドライブばかりなので、大した問題はないし、現在メインで使っているG-Technology社のドライブに関しては、USB-Cへの対応に関してもなんの心配もしていない。



    とは言え、外部インターフェースに関しては、これが一番の悩みどころ。出来ればこれまで通りのTB兼Mini DSPポート、従来のUSBポートは欲しかったところなんだけど、実際問題として、TB3→TB2もしくはTB3→FWの変換があれば事足りる。多くの外部ストレージはコレで問題ない。

    USB-C→USB-A関連はちょっとの間は不便だろうけど、すぐに解決されるであろう。

    これまではMacBook無印のみの問題であったので、対応するサードパーティは非常に少なかったものの、ここからは各社が本格参戦するであろうと予測。

    TouchBar FCP


    薄ければ薄いほどスタイリッシュでしょ?とAppleは言うかもしれないけど、オイラはスタバでドヤ顔したいわけではないので、ココにはこだわらない。そりゃ、機能が良ければ薄くて軽くて格好良い方がいいけどね。というわけで、機能的に素晴らしく、そしてそこそこ格好良いドックのようなモノがあれば、MacBook Proの裏面に、ガシっと貼り付けてしまっても構わないかな〜。

    2. ストレージの容量問題

    本体のストレージ容量に関しては、今回から2TBのSSDがCTOのラインナップに加わった。これは嬉しい。映像を扱うクリエイターはもちろん、本格的なデジカメ写真を扱う人にとっては清水の舞台から飛び降りても欲しいはず。

    だが、実際の運用としては、写真も映像も、保存や編集は当然本体以外の外部メディアにて行うものであろうから、OSとアプリ、そしてカレントデータが扱えればさしたる問題はナシというのがオイラの見解なので、無理して2TBにする必要はないし、これは1TBも同じ。通常運用であれば512GBでやっていける。

    これまで、MacBook Pro Mid 2010も、Late 2013も、意図的に500GBで運用していたので、それをそのまま踏襲する事にした。



    主にはFileMakerProでの作業で、そこにPhotoshop、Illustlator、Final Cut Proが動いてくれればいい。あとはOfficeも一応動いて欲しいな〜。もちろん、それ以外に使うアプリもたくさんあるけど、まあ、なんとかなるでしょ。

    3. モニタサイズ

    モニタの物理的な大きさは最低で15インチ。それ以下は、そもそも検討対象にすら入らない。

    Late 2013を買った際、Retinaで解像度を高くすれば問題ないはず〜とは思って13インチを購入したものの、実際にやってみると、視力に自信のあったオイラでも全く無理で、物理的な面積はやはり重要だという事に気付かされただけ。

    結局、Late 2013を購入後もメインマシンはMid 2010のまま、2016年の10月を迎えているわけなのね。理由はモニタの小ささ。とてもじゃないけど、仕事には耐えない。。。

    使い方は人それぞれで千差万別。なので、様々な声があって然るべきで、小さいものを望む人も多い。が、僕にとっては表示面積こそ正義。使用ソフトは、FileMaker Pro、Photoshop、Illustlator、Excel、FinalCut Pro、GarageBandあたり。



    これまで、メールやSNSなどの通信系は2010、Photoshop、FCPなど、CPUパワーを必要とするときだけ2013という変な使い方だったのですが、これを今回は一気にまとめられるかな〜。

    4. TouchBarという新機能

    TouchBarに関しては、Appleらしい面白い試みだと思う一方で、Functionキーが消え去る事に一抹の不安を抱いているのも事実。escキーぐらいはそのままの物理キーを残しておいて欲しいような気もするんだけど。。。

    実際に、Functionキーって、そうそう使っていないのも事実だし、ここからどんどん新しい試みがされていくと楽しいと思うわけ。

    ただ、開発側にとっては新たな面倒さが加わる事になるのは明白だし、ましてやこの機能は一部のTouchBar搭載マシンのみにしか使われない。これでは、開発者側のモチベーションが上がらない。Apple USB Keyboardへの搭載が待たれるし、その時にはキーボードのインターフェースもUSB-Cになっているのかも。そんなの、Bluetoothに決まってんじゃんと言われるかもしれませんが。。。オイラは物理的な接続を望みます。

    TouchBar


    5.MagSafeがなくなっちゃった問題

    確かに、MagSafeがあったお陰でMacBookを落とさずに済んだ!!という経験をお持ちの方は多いはず。オイラもその一人で、何回も助けられています。

    が、コストカットのためには仕方がないのかな〜と、ココは諦めています。

    島野製作所との裁判関連で採用を止めたという見方もある様ですが、磁石で電源アダプタを固定するなんて、魔法瓶の世界ではとっくの昔に確立されてきたモノだとしか認識していないオイラは情報弱者ですw

    6. まとめ

    インターフェースの問題は、ポート数で考えるべし。MBP無印のような、たった1ポートのUSB-Cはお話にならないけど、これだけあれば、まあOKかな?



    ラインナップとしては、13インチにはTouchBarモデルの松と竹、そしてTouchBar非搭載モデルの梅。
    15インチにはTouchBarモデルの松と竹。

    Apple Storeでは、CTOモデルとして、CPU、GPU、ストレージ容量等を変更できる。その差、約20万円。



    TouchBar付きで久々の40万円クラスかな?と思ったものの、吊るしのソコソコモデルで30万、てんこ盛りで50万。納得の価格だと思ったので即発注。

    文句は、到着して、実際に使うようになってから考えよう。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    オススメ商品




















    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM