東京都民の東京都民による東京都民のための都政

0
    都知事候補の一人、増田寛也氏曰く、東京への一極集中は悪なんだそうだ。

    東京一極集中の何が悪いんだろう。

    地方が疲弊する?
    地方が滅びる?

    滅びないよ。
    滅びたら滅びた時さ。

    東京が別荘地として買うかもよ。

    地方が滅びるって、一体どういう事だろう。

    地方には、そこに暮らす人々がいて、そこで経済活動を営んで、貨幣経済の下で生活している。そう言う意味では、東京とか地方とか、そういう区別は必要ないでしょ。

    ディストリビューター増田氏によると、このまま東京に一極集中していると地方が滅びるそうです。彼の書籍なんか読む気も起きないのでどんな事を書いているのかは知りませんが、生産システムとしては一極集中させた方が良いのではありませんかねえ。

    シンガポール然り、上海然り、ドバイ然り。世界の都市は、全て一極集中していますが。。。そういう都市だからこそ、国際競争にも勝てるのではありませんかねえ。

    一極ではなく、名古屋・大阪等の大都市も日本には数多くあります。東京程の規模ではないにせよ、そこに住んで生活している多くの層からすると、別に東京に行く必要は無いのですよ。

    東京(あるいは他の都市)に移住する人は、不便な田舎から便利な都会に移りたいのであって、東京に移り住みたいのではないかと思うわけです。

    大事な事は、「ソコに仕事があるのか」「ソコは住みやすいのか」という事と、それに伴って「ソコに魅力はあるのか」という事ではないでしょうか。

    官僚時代のディストリビューター増田氏の提言により、1兆円以上のお金が地方に流れているそうです。

    そんな金を地方にバラまいたところで、ろくでもないハコを作って終わりになるのが関の山です。確か、沖縄には年間数千億円の地方交付税交付金が支給されているはず。そして、沖縄県民の所得レベルは全国でも最低レベルだ。沖縄県民が自ら奮起して事業を興し金を稼ごうとしない限り、未来永劫最低のままだろうと思う。仕方がない事だし、それに対してダラダラと資金を回し続けても意味は無い。切るべきものは切らなければならない。

    地方にハコ物を作る予算で、東京にもっと作るべきものはたくさんある。増田氏が言う様に、東京の出生率が低く、それが人口減少の原因だと言うならば、いますぐに地方交付税を取りやめて、東京の税収は東京が使い、韓国人学校よりも公立の保育園を作るべき。東京都の公園を杉並区民から取り上げてでも保育園を作るべき。

    金は掛けるべきところに掛けないと、単なる無駄になる。地方に金を配って公共事業をしたところで、地元の建設業者と族議員が潤うだけだ。

    日本の地方が生き残る方法は、基本的には農業と観光と地場産業しかないのではないかなあ。もちろん、地方に於ける工業の発展も考えられないわけではない。環境に配慮した工場であれば、地方の雇用を生み出し、地方の経済を潤す。人口が減りつつある日本に於いては、今のままでは頭打ちになる事は必至。

    そんな増田氏が岩手県知事になって、さぞかし岩手県は元気になったんだろうねえ(棒)

    地方を元気にする前に、東京を元気にさせる方が大事なんじゃないかな。

    一極集中する事のメリット・デメリットを考えようよ。

    どうせなら、もっと一極集中させて、効率の良い街・東京になれば良いと思う。

    ちなみに、これらの数字に関しては割りとテキトーな数字です。オイラはジャーナリストではありませんので悪しからず。

    そう言えば、鳥越さんも、すでにジャーナリストではありませんなw

    JUGEMテーマ:東京


    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    オススメ商品
















    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM