日本とドイツ、脱原発と脱・脱原発

0

    現代ビジネスにちょっと気になる記事がありました。『ドイツがまさかの「脱・脱原発」に舵を切る可能性』という内容。


    日本の政治システムは、その制度上、そうそう大きな転換を一気に進めることができない様になっています。。記憶に新しいものとしては、第一次安倍政権が崩壊し、民主党政権に変わるということがあったんだけど、民主党のあまりの中身のなさに国民が呆れ果て、結局は安倍政権に戻り、やっと安定を取り戻したような状況。これ以外に、大きく国の方針を変更したことはとんと記憶にありませんね。


    それに対してドイツは違ったわけです。間も無く引退することを表明しているメルケル首相が打った大博打。それが原発の完全廃止。記事中にもあるように、そのためにドイツは苦境に立たされている。現在の日本の苦境の一つも似ています。


    世の中には、理知的な思考ができない人が大勢いるんですよ。見た目が理知的でもね。脱原発が正しいのか否か。冷静に考えたいと思います。


    原発問題を考える時、その核廃棄物の処理をどうするのかという点にのみ、僕は注目して考えます。まず、我々が生きていくたった数十年のために出現した核廃棄物を、今後数千年にわたって維持管理をさせられる我々の子孫に対する思いから、原子力発電をやめるべきと考えました。


    現在の技術では、大深度地下に保存施設を作り、そこに運び込むことしかできません。しかも、核廃棄物をドラム缶の中でコンクリート詰めにしているだけです。ドラム缶って、腐食しないの???もっと良い方法はないの???という疑問は常に付き纏います。さらには、地殻変動が激しい日本において、大深度地下に数千年〜数万年規模で貯蔵するという方式では無理がありますね。いっそのこと、マントルにぶち込むしか・・・と、冗談の様な話しか考えつきません。


    かと言って、現実的な話として、化石燃料を燃やし続け、CO2を排出し続けていくのか。核廃棄物の問題の前に地球温暖化によって人類の破滅の方が近いのではありませんかね。


    では再生可能エネルギーだけで全ての電力を賄えるのかというと、賄うだけならできるかもしれませんが、今度はそのコストが凄まじいことになります。すでに国内でも様々な問題が噴出しています。耐用年数を過ぎた太陽光パネルの廃棄問題など、ひょっとするともっともっと大きい問題を引き起こすかもしれません。


    恐らく人類は技術の進歩で、様々な問題を克服し、我々が死んだ後、数百年あるいは数千年後にはもっと安価に安全に電力を生み出しているのでしょう。ひょっとすると、核廃棄物の問題なんて、取るに足らないものとなっているかもしれません。コスモクリーナーDの様なものも、夢物語ではなくなっている可能性は非常に高いと思っています。


    一つの結論としては、より安全でより効率の良い原子力発電を続けることが重要ではないでしょうかね。


    80年代以前に作られた原発を使い続けていることは大問題だと考えます。耐用年数が近くなった原発は廃炉に向かうプロセスに入り、そして最新鋭の技術でより安全でより効率の良い原発に置き換えていくべきです。


    原発反対派の運動のせいで新しく作られた原発が稼働できず、その代わりに古い原発を稼働させるというのはナンセンスです。


    国内において、脱原発を唱えている方々って、どうも思想的に怪しい人ばかりなんですよね。なぜか、共産党や立憲民主党など、左翼系を支持する方々に反原発層が多いのです。この辺りが、最も反原発に違和感を唱えざるを得ない一番大きな要因でもあります。


    輸入する燃料の高騰により、電気料金は中国に比べれば2倍以上になっています。欧米に比べると、まあそんなに違いはないものの、やや高め。再生エネルギーを全量買い取りを行っているドイツに比べればまだまだ安いとは言えますけど。


    現在日本における電力供給の割合として、化石燃料が8割を占めているのはご存知のことですよね。ドイツでは褐炭の採掘を行い、火力発電の燃料として賄っている。それに対して日本では、ほとんどが輸入に頼っているのが実情。北海道の太平洋炭鉱(釧路炭鉱)のみが営業しているのみであり、北海道電力ではこの石炭を利用しているに過ぎない。つまり、石油・石炭・天然ガスのいずれをも輸入に頼っている日本にとって、円安+原油価格上昇の基調では、産業界に与えるダメージは非常に大きいんです。


    現在の日本の生命線は、財としての質の高い工業製品をいかに安く作るかです。電気料金の高騰は死活問題なのです。そのためにも、安全な最新の原子力発電所の運用をすべきなのではないでしょうかねえ。

    JUGEMテーマ:原発

    JUGEMテーマ:脱原発


    動物の楽園は果して本当に楽園なのか

    0
      http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/042100148/

      >両者とも、放射能が人間にも動物にも良くないという点では意見が一致している。しかし問題は、どれほど深刻なのか、そしてそれが動物の個体数減少につながっているのかという点だ。

      実はチエノブイリには動物だけではなく人間も住んでいる。ロシアとしては居住禁止区域には指定しているものの、何人かの住民が戻って生活をしている。

      例えば、これから生殖活動をする事を考えたら被爆地に住むべきではないだろう。が、80歳を超えた老齢者にとっては、放射能による悪影響よりも住み慣れた土地に住む方がストレスがないんだろうね。

      自給自足生活を送っていると言う事だから、被爆地で取れた野菜や山菜、当地で狩猟した獣肉などを食べて暮らしているんだろう。放射能を濃縮すると言われるキノコ類もふんだんに食べているんだろうな。

      JUGEMテーマ:原発



      デモの報道

      0
        NHKニュースが「全原発廃止訴え1万人がデモ」というタイトルで5月7日付けで記事を掲載している。

        これまで、尖閣諸島での出来事に対する渋谷の対中デモに関して、大手マスコミは一切報道しなかった。反原発デモに関しても同様で、先日の高円寺の反原発集会〜デモ行進も、ほとんど報道されていなかったわけだ。

        数多くある出来事の中から報道すべきニュースを絞り込んで行く事は大変な事かもしれない。また、電力会社や国、様々な原子力関連団体からスポンサードされている大手マスコミとしては、反原発をアピールする様なマネは難しいのかもしれない。反原発=反体制とも言えるわけだし。

        だが、そんなマスコミでも世間様は信じてしまうわけだ。60〜70代の親戚と話をするとよくわかる。インターネットに接続する事はなく、大手新聞とテレビからしか情報を取っていない方々は、恐ろしいほどに情報に疎い。情報化社会と言われても、世の中の半分はそう言う方々なのだ。

        そんな中、NHKがこういうニュースを掲載する事は良い流れだと考える。

        大衆をミスリードする様な事をしないで欲しい。どこかの誰かがマスコミを操作しているのではないかと勘ぐりたくもなる。マスコミ、特に大手新聞とテレビ・ラジオは、ただ単に真実を報道する事に専念して欲しい。


        菅総理大臣が中部電力の浜岡原子力発電所の運転停止を要請したなか、東京の都心では1万人余りの市民が集まり、浜岡原発だけでなく、すべての原発の停止や廃止を求めてデモ行進を行いました。

        デモ行進は原発反対の運動を行っている市民団体が呼びかけ、主催者によりますと、インターネットで知ったという家族連れや学生など1万人余りが首都圏をはじめ、各地から集まりました。東京・渋谷の代々木公園をスタートした参加者たちは、「原発はいらない」といった呼びかけのほか、6日の運転停止要請を受けて「浜岡だけでなく、ほかの原発も止めよう」などと声を上げながらJR原宿駅や渋谷駅周辺を行進しました。デモ行進に初めて参加したという30代の会社員の男性は、「福島第一原発の事故で改めて原発の怖さを知り、何か自分にできることをしたいと思って参加しました。時間はかかっても原発をすべて止めるべきだ」と話していました。また、50代の主婦は、「子どもたちの放射能への影響が心配で参加しました。節電しないといけないとしても、順番にすべての原発を止めて、日本が世界の先頭に立って別のエネルギーに転換してほしい」と話していました。
        JUGEMテーマ:原発



        やればできる

        0
          友人のmixi日記を読んで、色々な事を考えた。そう、かつてはバスや駅のホームでタバコ吸い放題だった時期があった。

          駅のホームは煙が漂い、灰皿には吸い殻が溢れ、線路にも吸い殻が山の様に落ちていたものだ。

          駅のホームが禁煙になった時、混雑している都市部の駅だけではなく、ガラガラの片田舎の駅まで禁煙になっていった。

          ある意味、禁煙ファシズムとも言える風潮。喫煙者からはものすごい反発があった。

          それが今やどうだ。それが当たり前になってしまった。

          何が何でも禁止!という風潮には賛成できないが、分煙は大賛成だ。

          オイラはスモーカーだ。ヘビースモーカーを自認していた。

          吸いたい時に吸える様にタバコを持ち歩いている。実際には殆ど吸っていない。先月は打ち合わせ時に数本を戴いて吸っただけである。

          閑話休題。

          菅首相は、唐突に浜岡原発を止めると言い出した。何を今更という感じがしなくはないが、何のメッセージも出さないよりは良い。

          原発を止めて、我々の生活がどう変わるのか。本当に電力は足りなくなるのか。

          そもそもの生活スタイルを改めるには良い機会なのかもしれない。
          こんな大災害が起きなければ簡単には変えられないのだよね。

          震災以降、多少ではあるけど、晴れた日の星の見え方が変わった。そう、夜が暗いのである。

          今まで点けっぱなしだったアチコチの部屋の電気を消す様になったので、電気料金が多少値上げになろうとも、これまでよりは電気代を減らせるだろう

          タバコの問題と電力の問題を同列に話しても意味が無い事はわかっている。

          でも、やってみなくちゃ分からないと思うんだな。

          不便だからという理由だけで反対ばかりしていたって何も始まらない。

          そもそもこの原子力政策を押し進めて来た責任は、自民党を中心とする保守勢力全てにあると言う事も重要だ。

          菅の発言だからどうせ思い付きだろうと軽んじるべきではない。
          ダメダメな民主党政権でも、応援したくなる一瞬と言うものはある。

          元のmixi日記はコチラ

          JUGEMテーマ:原発

          calendar
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << May 2019 >>
          オススメ商品












          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recent trackback
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM